1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫38歳 美白効果があるといわれている日本茶の茶葉を、入浴剤かわりに使う

38歳 美白効果があるといわれている日本茶の茶葉を、入浴剤かわりに使う

美白化粧品はこれまでいくつか使用したことがありますが、なかなか「効いた!」と実感できるような製品に出会えていません。

というのも、美白化粧品は値段が高い上に、しばらく使い続けないと本当の効果がわからないので、おいそれといろんな化粧品を試すことができていないのです。

失敗はしたくない、でもある程度失敗しないと自分に合うものには出会えない、と思いつつ、友だちやインターネットでの口コミをチェックする日々を送っています。

ただ、誰かに効果があったからといって、自分にも効果があるとは限らないので、やはり使ってみるしかないのでしょう。

誰にでも効いて、値段も手ごろな美白化粧品が早く開発されないかな、と願っています。

今は望みがうすくても、これだけ科学が進歩しているのですから、きっといつかはそんなコスメが現れてくれるでしょう。

でも、そのときはすっかりおばあさんかも知れません。

おばあさんになったとしても、美白は目指したいですけどね。

顔のくすみの原因はいくつかある

顔のくすみと一口にいっても、

◯日焼けによるくすみ
◯血行不良によるくすみ
◯老化によるくすみ

など、いろいろな種類があるようです。

どれも恐ろしいですよね。

最近では、糖化による黄ぐすみまでいわれるようになってきています。

これまで摂取してきた余分な糖分によって、お肌が黄色くくすんでくるとのことなので、これも老化の一種でしょうか。

甘いものが大好きで糖分を摂りすぎている私としては、これからの肌色がとても心配です。

それにしても、こんなにもくすみの原因があるなんて、くすみに悩む女性が多いのもうなずけます。

くすみの予防方法としては、紫外線や栄養不足、寝不足などを避けてお肌を劣化させないこと、抗酸化作用のある食べ物やコスメを使用して老化をおくらせること、適度な運動をして血流やリンパの流れを滞らせないようにすること、糖分を摂りすぎないこと、などが考えられます。

でも、すべて完璧に守れるはずもなく、年齢とともにくすみがどんどんひどくなっていくようです。

お肌の漂白剤、ハイドロキノンの働きとは

お肌の漂白剤といわれているハイドロキノンは、できてしまったシミにはたらきかけながらも、メラニン色素をつくるメラノサイトという細胞までもおさえる作用があるとのことで、美白を目指す女性にはとても魅力的な成分です。

予防だけでなく改善も期待できるなんて、すごいですよね。そのため、よく皮膚科の美容外来で処方されるとのことです。

でも、刺激が強くてお肌に炎症が起こったり、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線を浴びると普段より強いダメージを受けたりと、注意して使わなければいけないということを聞いたことがあります。

そして酸化しやすく、取り扱いが雑だと、すぐに効果が薄れてしまうようなのです。

ハイドロキノン配合のコスメは値段も高いので、思い切って購入してもすぐに劣化してしまうようなら、残念に思うでしょう。

ちゃんと管理ができるのか心配なので、私は使用を躊躇しています。

ただ、本気の美白を目指すのなら、やはりハイドロキノンが一番なのでしょう。

値段もさすがのラグジュアリーなラグジュアリーホワイト

ラグジュアリーホワイトは、アンプルールが独自に開発した「新安定型ハイドロキノン」を配合しているとのことで、ハイドロキノン入りコスメの欠点である劣化のしやすさを軽減できているとのこと。

また、エアレスポンプ容器なので、減っても外気に触れにくい構造のため、フレッシュで清潔な状態を長期間持続させることができるようです。

これなら、ズボラな私にも扱いやすいといえるでしょう。

こうした品質維持のための工夫だけでなく、マイクロカプセル処方によってお肌の奥まで浸透し、メラニンを作るメラノソームにはたらきかけるということで、シミ対策にはぴったりでしょう。

夜、寝る前に塗ることで、お肌のゴールデンタイムの効果も存分に利用して美白に導いてくれるのですから、頼もしいですよね。

こんなにすごいラグジュアリーホワイトは、11mlで10,800円(税込み)。

値段もさすがにラグジュアリーですね。

購入に迷うところですが、これまでのハイドロキノン配合コスメと比較すると、納得できる値段ではあります。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。