1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫34歳 毎日のコットンパックとビタミンC美容液の塗布とパックで肌をワントーンアップ

34歳 毎日のコットンパックとビタミンC美容液の塗布とパックで肌をワントーンアップ

美白化粧品は全体的に価格が高めのような気がします。

安いものもありますが、安いものは価格に見合った品質で、実際肌が白くなるかといわれればあまり効果がないような感じがしますね。

私は肌が敏感肌なのですが、美白化粧品って結構刺激が強いものが入っていることがおおいのか、今まで何回か頬が赤くなったことがありました。

敏感肌の人でも安心して使えるような美白化粧品ができたらいいのになと常々思います。

しかし、合うものが見つかると効果も早いのが美白化粧品の良いところです。

以前購入した美白化粧品はとても良かったです。自分の肌にあっていたようで、1か月間使用しただけで目じりの横にあった薄いシミがなくなりました。

けれど、やはり高くて継続して使うのは難しかったので今は購入していません。

年齢を重ねるたびに、美白に力をいれないといけないなぁとは思いますが、なかなか手ごろな値段で効果的に美白化粧品にいまだ出会えていない状況です。

前日のスキンケアを手抜きしたら一発アウトの顔のくすみ

顔のくすみは本当に見た目年齢を左右します。

しかも年齢を重ねれば重ねるほど肌がくすみやすくなるような気がします。

前日のスキンケアを手抜きしたら一発でアウトですね。

くすみがひどいと「疲れているの?」とか「体調が悪いの?」とよく聞かれます。

それだけくすみがその人の雰囲気に大きな影響を与えているということでしょう。

私は、くすみを払拭すべく毎日色々とお手入れしていますが、正直もっと簡単にくすみがとれるものがあったらいいのになぁと心の底から思っています。

顔のくすみは、乾燥や日焼けによるものだといいますから、とりあえず日焼けはしないように、そして毎日たっぷりと保湿することだけは欠かしていません。

テレビで女優やモデルさんが出るたび「きれいに肌だなぁ。

くすみが全くないなんて羨ましい!」と思いながら見ています。芸能人のように肌にお金はかけられないけれど、きれいなクスミのない肌にはなりたい!そんなはざまでいつも紋々としています。

ハイドロキノン配合のコスメを使っている人は意外と多い

ハイドロキノンと聞くと第一印象はやっぱり「美白」ですかね。

周囲の人も何人かハイドロキノンの美容液を使って実際に効果が出たと言っています。

そんな話を聞くと「私も使ってみたいな」と心揺れ動くこともあるのですが、刺激が強いというところがちょっとネックかなと思っています。

正しい用法・用量で使用しないと逆にシミを悪化させたり、炎症を起こしたりするとも聞いたことがあります。

なので、敏感肌の私にはまだちょっと使う勇気がないなぁというのが本音です。

けれど、ちまたでは「美白=ハイドロキノン」みたいな構図ができあがりつつあるのではないかと思います。

しかし、実際正しい使い方などが広まっているのだろうかというのは、とても心配なところです。

「ただ肌が白くなるから」という気持ちで、間違った使い方をする人も増えそうな気がしてなりません。

効果があるのは事実なのでしょうが、それと同時に正しい使用方法が広まることを切に願います。

ドクターズコスメなので、安心感があるアンプルール

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」はドクターズコスメということで安心して使えそうですね。

今話題のハイドロキノンも含まれているようですが、ここのハイドロキノンは、肌への負担を徹底的に排除した新しいハイドロキノンということで肌にも優しそう。

これなら肌の弱い私でも安心して使うことができるなと思いました。

まだまだハイドロキノンの配合された化粧品で敏感肌向けという商品が少ないように感じます。

なのでもっとこんな商品がたくさん販売されてほしい!

そして「ラグジュアリーホワイト」はハイドロキノンだけではなく、ビタミンCや抗酸化物質であるα-リポ酸なども含まれているそう。

かなり美白に力を入れている化粧品だなと思いました。

しかも価格も結構お手頃。

高級化粧品メーカーのものだと1か月分の量で何万もするものがゴロゴロしています。

それに比べるとかなり良心的に感じますね。

医学の理論に基づき徹底的に美白にこだわった商品というのはなかなかありません。

これならずっと続けて美白ケアできそうです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。