1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫25歳こえてからシミや肌のくすみを意識!30歳出産後は、余裕がなく肌がくすむ・・・

25歳こえてからシミや肌のくすみを意識!30歳出産後は、余裕がなく肌がくすむ・・・

やはり若いときは肌のくすみやシミなども気にならず焼けることすらもあまり気にしていませんでしたが、25歳を越えてから少し気にし始めました。

そして30歳になり肌のくすみが気になり、肌の艶やハリも落ちてきているとつくづく実感するようになりました。

やはり、子育て中ということもあり、自分にかまっておる余裕がなかったりします。
お風呂あがりの化粧水ですら忘れてしまうほどです。

そうなると翌日のお肌の調子が悪く、とくにくすみが目立ちます。

きちんとケアをしてお肌のメンテナンスをしていればいいのでしょうが、現実は経済面も時間の余裕もない日々なので出来ることが限られてしまいます。

それでも女性としてはやはりキレイで若々しくいてたいと思うので、ファンデーションをワントーンあげて明るくしたり、白い服を着てでかけるようにしています。

白い服を着れば、日光などの光が服に反射して少しでも顔を明るくできるかなぁと思いつつ実践しています。

コラーゲンやミネラル配合を使って顔のくすみケアを

年齢と共にお肌のハリや艶がなくなってきます。

老化していくので仕方のないことですが皮膚が垂れてきておるのも10代にくらべれば明らかです。

やはりそういう現象の積み重ねでお肌のくすみ、特に顔のくすみが目立ってきます。

ですが、きちんと保湿をしてコラーゲンやミネラルといったお肌にいい成分を含ませてあげたりすることでお肌の状態は良くなると思います。

老化現象は誰にでも起きることで、防げないことですが、ケアをしていくことは出来ます。

それが、老化を抑え、若々しくできる秘訣になると思います。お肌のケアにはやはり、基礎化粧品がとても重要だと思います。

どうしても、年齢と共に乾燥がすごくしやすくなってカサカサになるので、保湿は絶対に重要です。

保湿をしっかりしてから油分で膜を作ってあげて、お肌にパックをしているようなイメージでケアすることで、お肌のくすみ、ハリ、艶も全然違ってくると思います。

そして、それを毎日続けることが大切です。

お肌の美白剤、ハイドロキノンはますます注目される

ハイドロキノンは最近、取り上げられることが多くなり注目をあつめています。

やはりその効果が話題になっています。

ハイドロキノンはお肌の美白剤とか漂白剤とも言われているので用法用量をきちんと守らなければおけません。

きちんと守って使えば、現在出てきてしまっているシミなども消せる効果があると言われているのでシミが気になる20代後半の女性には人気があります。

一番の原因であるメラニン色素の活性を抑えてくれるというのが魅力的で、どうしても若い時はお肌の手入れはしていない人も多いので、年齢と共にシミが爆発してしまいます。

そこでこのハイドロキノンでシミを除去できるというのは本当にありがたいです。

でも、用法用量には注意が必要です。

使いすぎたり、塗った場所に多くの紫外線などを浴びせてしまうと逆効果とも言われているので要注意です。

また、せっかくシミを治したいと思って使っているのに白班という肌が白くなりすぎて色素が抜けてしまうのも怖いです。

ですので、家にいるときに使うようにして、ピンポイントで塗るようにしています。

アンプルール一番人気のラグジュアリーホワイト

アンプルール自体とても有名ブランドであり、開発に関わっているのが女医さんであると言う点も安心できるポイントになります。

そして、やはりアンプルールで一番人気といっていいのがこの、ラグジュアリーホワイトです。

それはハイドロキノンが配合されているのでとても、美白効果があるということです。

でも、ハイドロキノンって使い方や使う量を間違えてしまうと副作用で白斑が出てしまったりと怖い印象もあって、中々踏み出せないという人も多いです。

でも、このアンプルールのラグジュアリーホワイトは安心して使える商品だと思います。

やはり、医薬品扱いにちかいハイドロキノンですが、アンプルールでは、女医さんが開発に関わっているので肌に問題にならない量を配合されています。

ですので、安心して使用できる商品だと思います。

そして、何より美白効果もきちんとあり、基礎化粧品としても取り入れることができるというのがとてもありがたい商品です。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。