1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫51歳 保湿重視のスキンケアで肌の水分量をアップ。シミには長時間かかる

51歳 保湿重視のスキンケアで肌の水分量をアップ。シミには長時間かかる

年齢的にもシミが気になっていますから、美白化粧品を愛用しています。

美白化粧品を使っていていつも感じることですが、くすみ抜けの効果が高く肌に透明感を与えてくれるのはすごいなと思います。

また、毎年夏が近づいてくると紫外線対策を頑張っていますが、100%紫外線を防ぐのは不可能です。

日傘や夏用のUVカットカーディガンなども併用して頑張ってはみても、少しは日焼けしてしまいます。

しかし、仮に日焼けしてしまったとしても美白化粧品を使っているおかげで、秋冬になっても新しいシミが肌にできないのはありがたいです。

メラニンを抑制するという効果はしっかりと実感できていて、これ以上シミが増えるのを防止してくれています。

ただ、シミを消す効果まではないのか、濃い数年もののシミは薄くなる気配はありません。

スポッツタイプの美白クリームも併用していますが、長年のシミには時間がかかっています。

美白力が高い化粧品も考えましたが、肌荒れが気になるので手を出しにくいのが現状です。

セラミド入り、美容オイルをプラスして保湿

乾燥肌なので顔のくすみは以前から気になっています。

一時的なくすみ抜けは美白化粧品でも実感できるのですが、長時間続いてくれないのがネックです。

やはり根本的な乾燥が改善されない限りくすみが消えることはないと思っています。

肌の水分量が少なくなって角質層が乾燥しているのが私のくすみの原因なので、保湿ケアを頑張るのが一番です。

高保湿なセラミド入りの化粧品を使ったり、美容オイルをスキンケアにプラスしたりして、いかに肌の水分量を増やすかに試行錯誤しています。

また、加齢によるターンオーバーの遅れもくすみの原因になっています。

酵素洗顔やピーリングなどの方法はあるのですが、肌への刺激が気になっていてこれらの古い角質をはがすケアには怖くてチャレンジできません。

というのも、以前、肌に優しいタイプのピーリングジェルを使って肌が真っ赤にはれ上がったことがあり、角質ケアは私の肌には合わないと判断しました。

これ以外の方法で何とかくすみ対策ができたらと頑張っています。

シミには、肌の漂白剤、ハイドロキノン

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンの存在は知っていますし、シミを消すのには効果があるのだろうと思います。

実際、ハイドロキノンとトレイチノンでシミが消えたという友達がいて、見事にきれいな色白肌になっていました。

レーザー治療を受けるよりもハイドロキノンによる美白ケアの方が肌に優しいというイメージがあります。

ただ、友達は肌が強い方ですがハイドロキノンは肌にかなり刺激があると言っていて、私の肌には強すぎるだろうとアドバイスしてくれたので、シミは気になってはいるもののハイドロキノン導入には至っていません。

以前は皮膚科などの病院でしか処方されていませんでしたが、今は化粧品にも低濃度で配合されているタイプが増えていますから、肌への刺激はかなり抑えられていると思います。

肌の漂白剤の威力を試してみたい気持ちはありますが、肌荒れが怖くてやはり今でもチャレンジできていません。

肌への安全性が確認されて肌荒れしやすい私でも使えるハイドロキノン入り化粧品があれば、勇気を出して使ってみたいです。

シミには、アンプルールのラグジュアリーホワイト

アンプルールのラグジュアリーホワイトは美容液にハイドロキノン入りのものがあるようです。

スポッツタイプの夜専用の美容液とのことで、ハイドロキノンが今あるシミを薄くしてくれるという魅力的な美容液です。

カプセル化していて肌荒れしにくい処方になっていますが、口コミなどではやはり肌荒れしてしまったという方もいるようです。

シミへの効果ははっきりと出てくれるようで、薄いシミなら1ヶ月ほどでかなり薄くなるという口コミをよく見かけます。

また、どんなタイプのシミでも一定以上の効果がでていて、どんどん薄くなるというのが従来の美は首溶液とは違う点です。

多くの方があげているのが肌への刺激です。

特に敏感肌や乾燥肌などの方はかゆみや赤みを発症した方がいて、普通肌の方でもピリピリとした刺激は感じるとのことで、肌に合う方には良い化粧品だと思います。

私は明らかに肌荒れを起こすタイプなので現時点での使用はないなと思っています。

使用感やテクスチャーなども良いので、肌に合う方には頼もしい美白美溶液になってくれそうです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。